若者が消費者金融を利用する理由にはどんなものがありますか

自分は今27歳で、お金が借りたいと思ってます。理由は、コミュニケーションに関する資格が取りたいからです。同じサラリーマンでも、何かしら資格がある方が将来有利になるんじゃないかと思って、周りがのんきに遊んでいる間に何かをしておこうと思ったんです。いざ消費者金融を探し始めると、同僚も消費者金融を使ってたり、結構消費者金融のヘヴィーユーザーに若者率が高いことが分かったんです。自分は資格を取るために借入がしたいのですが、一般的な若者たちは、何のために借入をしているのでしょうか。

借りやすいから、ただ、借りるという人増えてます

消費者金融の利用者は、年齢でいうと30代と40代の300万円以下の年収である低所得者層の利用率が高いようです。借り入れたお金の利用方法は、一番多い理由が生活費です。次に自動車や家具、パソコンなどの購入費用、他のカードローンの返済に充てるため、旅行、やレジャー、飲食、教育費、ギャンブル等々の順番です。若者が消費者金融を利用するわけは、便利だからという理由が多いんですよね。

何かが欲しいな~と簡単に思った若者が、簡単に借りられる消費者金融から高金利でもお金を借りて、欲しいものを手に入れるというパターンです。罪悪感を感じる間もなく現金が手に入るので、親よりも簡単にお金を貸してくれるところという認識になってるように思われますね。このような若者たちは、生活に困って借り入れてるわけではないので、給料日まであと○日、でも今日、これがほしい、○日だけ借りて給料日前に手に入れよう!という感覚です。

数日の借入ですぐ返済する若者は、数日しか借入をしていないので、金利も安く、特に損をしているという感覚は無いようなのです。だから、簡単に借りるんだと思います。テレビコマーシャルも、銀行か消費者金融かわからないようなCMを作っていますよね。若者はよくよく考えると、借金だと理解していることも、綺麗なCMをイメージして、気づかなくてはならないことに、気づきたくないという無意識が働いて、簡単に借入をしているように思えます。

人生の難題に立ち向かいたくない若者が多いのは、こんなところにも歪が入り始めているのでは?と思うくらいです。「みんながやっている」ことや、「銀行じゃないかもしれない」けど、銀行かもしれないことなど、自分と向き合えない親に育てられた子どもが、自分と向き合うことなく、なんとなくみんなやってるというノリで借金をする感覚です。ですから、若者が主に何に借りたお金を使っているかという質問には、欲しいものを買う。

という返事しかできないという事です。食べたいものを食べる。かもしれません。若者は、その日の欲求を満たすために借入をするんです。決して資格を取るための若者がたくさんいるのではないのですよ。現実を見て資格を取るために借入をするというあなたは珍しい人で、素晴らしい人です。しかもそれがストレスにならず、自分で決めた目標なら、こんなに素晴らしい事はありませんよ。

なぜ利用するの?若者にとって消費者金融が便利な理由とは

消費者金融を利用している世代として多いのは、20代の若者であると言われています。消費者金融はなぜ若者にとって利用しやすいものとなっているのでしょうか。それは、社会人になって日が浅い人の収入でも、バイトの収入でも、消費者金融であれば審査に通ることが難しくないからです。

消費者金融でお金を借りるためには、安定した収入があることというのが求められるのですが、それは高額のお金を言っているわけではなく、定期的に収入が入ることを意味しています。収入によって借り入れできる金額に違いは出てきますが、収入が少ないことが原因で借り入れが全くできないというのはあまりないのが消費者金融です。

その消費者金融に比べて、銀行は審査基準が高いと言われていますし、気軽にお金を借りる先としてはハードルが高いイメージがありますよね。その点、消費者金融では例えば1万円くらいの少ない金額からでもお金を貸してくれますので、気軽な借り入れのイメージに合っています。

それから、返済も通常の返済と合わせて繰り上げ返済に対応しているところも多いため、すぐに返せば金利をそれほど気にせずに利用できることも便利な点となっています。返済はコンビニのATMなどからもできますから、買い物のついでに済ませることもできますしね。

給料日までほんの数日持たせたい時とか、欲しいものがあるけれどボーナスまで待てないとか、そういう理由がある時に、サッと借りてお金が入り次第返済するという消費者金融の利用方法は、少額を気軽に借りたい時にとてもピッタリなものです。それで、利用者の中には若者が多いのです。

年齢が上がれば、カードローン以外にもクレジットカードを利用するとか、用途に合わせた目的ローンを組むとか、そういうお金の借り方も考えるようになりますよね。金額の高いローンであれば、カードローンよりも目的ローンを利用した方が金利が有利になることも多いものです。そのため、カードローンだけを利用するということが無くなるのもカードローンの利用者には若者が多くなる原因ですね。

消費者金融は、少額からでも借り入れができ、24時間申し込みに対応していたりスマホからでも借り入れができたりと、とても便利に利用できる環境が整っています。そのため、ちょっとだけお金が借りたいときにためらうことなく利用できるんですよね。そういう使い方ができるので、若者の求めるものに合っていると言えそうです。

ネット経由でお金が借りられました!

僕のアパートがある周辺には、友達や親戚が何人か住んでいるので、買い物に行ったりすると会うことがあります。それはそれでいいんですが、ちょっと困ったこともあるんです。それは、何をしているかが知られてしまうことなんです。

実は今回、お金を借りたんです。生活費が足りなくなって、それを補うためだったんですが、お金を借りる時に店や無人契約コーナーには行きたくないなという気持ちがありました。それは、友達や親戚に見られる可能性があったからなんです。さすがにお金を借りるところは知っている人に見られたい姿ではありませんからね。

だから、ネット経由でお金を借りる方法があって、実際に借りられたことは、僕にとっては本当に助かることだったんです。

自己啓発セミナーに参加できました

仕事を極めて女性管理職になるのが夢です。そのための自己啓発セミナーに何度も通っています。今回どうしても行きたいセミナーがあるのですが、悲しいことにお金がありません。

管理職の心得を習得できるセミナーで、人気があるため早く申し込まないと参加することができないため焦っていました。悩みましたが、即日融資してくれるところで借りる決心をしたんです。

即日融資なんて単なる広告なんじゃないかと思いつつ、自宅のパソコンからもう込んでみたところ、その日のうちにキャッシングできたんです!もちろんその日のうちにセミナーの申し込みができました。

青春時代の思い出の品を再度手に

学生時代、バンドブームの流れに乗って、親父に頼んで頼んで頼み込み、当時のアーティストが使っていたギターを買ってもらいました。そのギターも社会人になる頃には使わなくなり、生活苦で売り払っています。

ですが、この年になって懐かしいあの青春の品をもう一度手にしたくなったのです。ちょうど職場のおじさん連中で親父バンドでも作ろうかという話にもなっており、ただ、当時のモデルを今入手するにはそれなりの予算が必要です。

たまたまオークションに流れているのを見つけ、落札されそうだったので、慌ててお金を借りることに。正直なところ本当に簡単に借りられるのか疑っていましたが、あっけないほどすぐに借りられました。